親にお金を借りると贈与税とみなされる可能性!?借用書の作成は忘れずに

大きな買い物をするとき、貯金を全て使えば買えるけれども貯金がなくなるのも不安、そもそも十分なお金がない、等々の理由で新たに資金を調達しなければならない場面があります。方法としては金融機関から融資を受ける、ローンを組む、リース契約に切り替える等が考えられますが、どうしても現金一括払いに比べ金利分割高になってしまいます。そんな時に頼りにしたいのが両親です。両親からお金を借りる場合、必要以上の金利を設定する必要もありませんし、経済状況の変動によっては返済ペースも相談しやすいというメリットがあります。しかし一方、きちんと税制を理解していないとお金を借りるという行為ではなく、贈与を受けたと見なされてしまい贈与税が発生してしまうケースがあります。贈与税は非課税枠が設定されてはいますが、当然その枠を超える分については贈与税を支払う必要があります。これを回避するために必要なのは、例え両親からであってもお金を借りることには変わりないので借用書を作っておくことです。それにより、そのお金の移動は贈与ではなく借用だという証拠になりますので、贈与税の発生を避けることが出来ます。しかし、借用書を作成したとしても、必要項目が欠けていては書面として成立せず、無駄になってしまいます。特に忘れがちなのが金利の設定です。金利が発生するからこそお金を借りるという行為が成立するのです。無金利での借用は、金利分借り手側に利益が生まれますので、借用とは認められません。また、返済についても、手渡しで返すことなく口座間でやり取りの証拠を残せば、確実に贈与税の発生を避けることが出来るでしょう。